工程管理

受注から出荷までの流れ

受注・工程計画・図面展開

お客様からご依頼いただいた案件を受注すると同時に、工程管理計画を立て各工程に作業指示書を出します。

図面に基づいた必要部材を選出するとともに、CAD/CAM展開し切断データおよび機械加工データを作成します。さらに、当社の加工経験からVA案をお客様へご提示し、コスト低減につながる技術提言も行っています。

材料手配・管理

作業指示書とデータに基づき、レーザー加工機・プラズマ切断機・バンドソー等で材料を切断し次工程へ材料を仕分けます。

部品前加工

切断された部材は、作業指示書に基づき、適切な機械による前加工がなされます。

製缶加工

部材に応じて、三本ロール機・ベンダー・リングフォーマーで曲げ加工を行います。

溶接加工

切断及び前加工された部材は、図面に基づいた仮組溶接・本溶接が行われます。また、お客様のご要求に応じ、協力会社にて応力除去処理や非破壊検査の実施もいたします。
さらに、溶接施工法承認記録書の提出についても対応可能です。

機械加工

製品の要求仕様に応じた機械加工を5面マシニングセンター・ターニングセンター等で行っています。

仕上・出荷検査

図面に基づいて、加工精度の検査を行います。ご要望に応じて、お客様の立会検査も行っています。
また、部材段階や完成品に対する各種メッキ・塗装等の表面処理についてもご相談に応じ協力会社で実施しています。

PAGE TOP